2015
04.02

これからこの新しい部屋で新しい生活が始まるのですねとても楽しみです、この気持ちを思い出として残すために写真を沢山撮ってアルバムにしておきましょう。
確かにこのような考え方もありますが今回写真を撮るということをおすすめする理由はまた別にあります。

今回はそんな引越し前に必ずやっておきたい新居のあんな写真やこんな写真を撮りまくる理由についてご紹介致します。


●部屋が嫌がるような写真を沢山撮りましょう●

変態な書き方をしてしまっておりますがもうまさにこの通りなのです。舐めまわすようにまとわりつくように新居に入居する前のまっさらな部屋の中を撮りまくって頂きたいのです。柱や壁はもちろんフローリングや天井まで隅々にカメラのレンズを向けて下さい。

賃貸の場合将来引越しをする時に業者が入り部屋の現状について細かくチェックをされます。その際に保険になるのがその入居時の写真になるのです。良い業者の方も沢山いらっしゃいますが中には悪徳な業者も存在し、もともとあった傷やシミを入居者のせいにしてお金を巻き上げようと考える人間もいます。そういった場合入居時の写真を持っていないと証拠を提示するどころか自分でもいつ汚したシミなのかわからなくなってしまうのです。そのため引越し先には荷物を搬入する前に沢山部屋の写真を撮影しておく必要があるのです。


●将来の引越しで損をしないようにする●

しかしただ写真を撮りまくれば良いという訳ではありません。その写真をしっかり証拠として提示するために気になる傷がある部分の写真をピックアップし傷がある部分にマークをつけコピーをとり、不動産会社または大家の方に入居時に渡しておきましょう。後から提示するとねつ造などあらぬ疑いをかけられる場合もあるため、必ず入居時に現状の部屋がこのような状態であるということを示すため写真を送付する必要があります。持家となりこれから人生の最期までそこで過ごすというのであれば写真も必要ありませんが、賃貸の場合はその部屋の契約によっては敷金ゼロで後から修繕費を負担するというものもあるので注意が必要です。

尚引越しの際には冷蔵庫や洗濯機など大きな家電や家具を搬入することになり部屋に傷がつきやすい状況になります。引越し業者のサービスによっては搬入前に壁や床を守るカーペットなどを用意してくれますが自力で引越しを行う場合には傷をつけないよう細心の注意をはらいましょう。

せっかくの新生活と将来やってくる引越しの際に後悔をしないよう新居の写真は思い出と共に保険として保管することをおすすめします。

2014
08.29

便利屋ではなくプロの引越し業者に依頼することで、しっかりとした補償がついてくると考えられます。けれども、もとよりトラブルを最小限に抑える努力や、トラブル発生後にも冷静に対処するための準備をしておくことが肝心です。


<破損が起きる状況とは>

紛失や破損が起きるのは、旧居から新居へと移る引越しの作業中です。様々な形状の住まいで大きな家具を移動させたり、たくさんの荷物を素早く運んだりするのですから、プロの引越し業者でも完璧にミス一つなく作業を終えることは難しいかもしれません。まして、荷造りの準備が不十分であれば紛失や破損の可能性はより高くなります。


<トラブル無用の三箇条>

引越し作業中のトラブルを最小に抑えるため、第一に訪問見積もりが欠かせません。荷物の全体を眺めることで、無理なく積載できるトラックの手配や輸送後の家具の配置について事前に計画を立てることができます。次に、これは最も大切な作業と言えますが、梱包作業が重要です。積載時のバランスを考慮して大きさがばらばらのダンボールは避け、中身がわかるようにメモを書きこむことで紛失や破損を予防します。最後は、トラブル発生に備えて、搬送前の状態を写真に収めておくことが有用です。スムーズに補償を請求するためには証拠が必要だからです。

以上の点に気をつけながら、気持ちに余裕を持って引越し当日を迎えられるように工夫していきましょう。

2014
05.29

引越しが決まっていざ、準備をやろうとしても手順が分っていなければ何からすればいいのか分りませんよね。そこで、ここでは引越しの段取りや手順について紹介して行こうと思います。


<まずは新居が決まらなければいくら準備をしたってムダです。>

最初は、やはり新居を探し出しておくことでしょう。引越しをするのでしたら当然、引っ越し先の地域で済みやすい住居を探し出す必要があります。これが決まらなければ、どのくらいの距離を移動するのかも分りませんから業者に見積もりを依頼することすら難しいかもしれません。なるべく、決まったら引越し先となる住居を探し出すことが第一のステップとなります。


<荷造りなどは新居が決まってから>

新居が決まったら、早めに荷造りの方も進めておきましょう。荷造りを行って、どのくらいの荷物を運んでいくのか定かではないと業者に依頼して運搬してもらう量が定かになりません。新居が決まりましたら、大急ぎで荷造りをしていきましょう。基本的に使用頻度の高い家具や用具などは引越しが近づいてから荷造りしましょう。実行までの日があるのでしたら、当然まだ使うかもしれないからです。このように、まずは新居先の決定、そして大まかな荷造り、そして業者へのいらいという順番で準備を行っていきましょう。

2014
04.09

引越しは自分で全てを行うのは大変です。費用はかかりますが、業者に依頼した方が安心で楽ですね。できるなら、少しでも費用は抑えたいものです。引越しの費用を少しもで安くするにはどのような方法があるでしょう?


<費用を抑えるために自分でできること>

費用を少しでも安くするには荷物の量を減らすことが必要です。まずは今後使わないと思う服や靴、バッグ、などは整理をしていらないものは捨てましょう。本や雑誌なども同じです。いらないものは古本屋さんに売ったり、捨てることで荷物が減ります。また、家具なども新居で使わないものは処分しましょう。また、時期によっても費用が変ります。業者が忙しい時期、 3〜4月は繁忙期。この時期はとても費用が高くなりますから、できるのであればこの時期は避ける方がいいでしょう。


<複数の引越し業者から見積もりを取る>

複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。比較検討して一番安い業者に依頼すると費用は安くなります。注意しなければならないのは、安くても安全に、安心して荷物を運んでもらえるかということ。費用が安かったから荷物に傷がついてしまった、ということでは困ってしまいますね。また、値引き交渉も必要です。値引き交渉をするなら、早めの予約をした方が安くなりやすいですよ。

2014
03.10

多くの方が引越し業者を頼るかと思いますが、中には自力で引越しをされる方もいらっしゃるみたいです。
なぜご自分でされるのかといいますと、恐らく費用が安くおさえることが出来るという面と荷物が多くないから頼むほどではないと言った理由なのだと思います。
確かに、運ぶ荷物が本当に少ない時って頼みにくいですし自分で運んだ方が早いと思いますものね。
しかし、中には車を持っていない方もいらっしゃるかと思いますが、どのようにして引越しをするのでしょうか?


●レンタカーを借りて引越し!●

中にはレンタカーを借りて家具などを運ぶみたいですが、なんだか大変そうですよね。
費用を安くおさえることが出来ますし、ご自分の好きな時に行動が出来ますので、そう考えたら自力で引越すのもアリかもしれませんね。
業者の予約など面倒なこともしなくて済みますので、これはこれで良いのではないかと思いますね。
しかし、やはりデメリットもありますのでそちらについても知っておきたいですよね。


●デメリットはこれ!●

レンタカーの準備が必要になりますので、それが少々大変かもしれませんし免許をお持ちでない方は難しいと思います。
また、意外と高くついてしまう場合もありますので気を付けたいところだと思います。
業者ではないので、もしかしたら家具などを傷つけてしまう可能性があったり、トラブルが起きてしまった際に保証が出来ないところもデメリットとされていますので、お決めになる際にはじっくりお考えになることをおすすめします。

2014
01.10

大体春先になりますと引越しされる方が多くなるとは思いますが、皆さんは経験されたことがありますでしょうか?
中には引越しをした事の無い方もいらっしゃるかと思います。
したことのある方も無い方も、引越しについての知っておくと何かと便利だと思いますので少しお話したいと思います。
やはり知っておくのと知っていないのとでは少し変わってくるかな・・・?


●引越しの前にしておきたいことは?●

まず最初にしておきたいことは荷造りもそうですが、住所など各種手続きだと思います。
これを先に済ませておくと後々本当に楽になりますし、バタバタせずに済みますので良いかと思います。
時間もかかりますので、なるべく早めに済まして大家の方にも早めに伝えるようにしておくのが大事ですね。
また、近隣住民への挨拶も忘れずに早めにするようにしましょう。


●当日はどうすればいいの?●

当日ですが、業者の方にお任せして色々していただいた後に家具などを少しずつ置いていくようにしましょう。
一気に出してしまいますと部屋の中が散らかってしまいますので、ここも計画的に物を出していくと良いです。
もっと良いのは荷物の箱に何が入っているのか書いておく事ですね。
業者の方も運ぶ際に気を付けて下さると思いますので、一石二鳥ですね!

参考サイト>>>引っ越し業者の一覧

2013
11.18

人生に何度かは経験をする引越しは人間も体力を使いますし、非常にストレスがかかるものです。自分で行えることには限界もありますし、業者に引越しを頼む人が多いかと思います。ペットがいる家庭ではペットも連れていくことになりますが、ペットは人間以上ににおいや音に敏感な生き物ですから、気を付けてあげなくてはいけません。


●できるならペットホテルへ預けて●

引越し当日には、多くの業者の人が出入りします。また普段よりも大きな音や声が出ることから、ペットたちは興奮してしまったり、怖がってしまったりすることが考えられます。特に人見知りの激しい犬や猫の場合、知らない人のにおいに恐怖を覚える仔もいるそうです。できる限り、近くのペットホテルなどに預けることをおすすめします。また、新居のそばに先に連れて行って、そのそばのペットホテルなどに預け、新居で引越しの搬入作業が終わってから取りに行くともっともスムーズと言われています。


●ダメなときはキャリーにいれて●

ペットホテルなどが近くになく、どうしても自分たちと一緒に移動をする場合は首輪をしっかりとつけて、キャリーにいれて、お風呂場など密室にできる場所で待たせるようにしましょう。お風呂場にある荷物は多くはないので早めに出してしまいます。お風呂場のドアも閉じることで防音効果にもなります。換気扇などだけつけて、温度変化には気を付けてあげましょう。

2013
11.06

引越し作業に慣れているという方はなかないないのではないでしょうか。しかし、引越し費用を抑えたいと考えるのは誰で同じです。本当に「最低限」に抑えたい、または「使える予算が少ない」方は「どこまで自分で作業できるか」を考えてみましょう。


●貧乏引越し希望の方は●

所謂「貧乏引越し」をする予定であれば、多くの方が自分自身も引越し作業員の頭数に入るプランを選ぶ方が多いようです。このようなプランは学生さんや、費用をどうしても抑えたい方多く利用しています。トラック一台と運転手兼作業スタッフと一緒に引越し作業を行うというスタイルのものが多いようです。よく友達同士で引越を行う方がいらっしゃいますが、トラックや大型車両のレンタル代や手伝ってくれた友達などにおごるごはん代などを加味すると結局は業者を利用するよりもお金がかかってしまう事はよくある事です。


●必ず訪問見積をとる事がコツ●

このような「最低限」なプランを選択する場合でも、比較は重要な要素です。必ず、いくつかの業者から訪問見積をとりましょう。大手よりも中小系や地元系の業者の方が「ミニマムプランが充実している事もあるので、候補には必ずいれましょう。見積では必ず明細の確認できるものを準備してもらい、トラブル対策や当日発生する追加料金の有無などは必ず確認をしましょう。比較、交渉する事で同じ予算内で自分が作業しなくてもよくなる可能性もありますよ。

2013
10.24

引越しを行うと、電話回線などすべてを移転など行う必要があります。インターネットも同じように移転の手続きが必要になります。自分で契約をしている場合などは、新居の条件なども知らなくてはいけません。インターネットの引っ越しで気を付けたいことをご紹介します。


当日は回線が使えないと思っておく

前日などからネット回線はほとんど、自宅では利用できないと考えたほうがいいでしょう。移転の手続きではすぐに開通することもありますが、ルーターなどの設置も引越しの荷解きを終えてからとなります。仕事などで利用する場合は、ポケットWi-Fiなど電波がどこでも入るようなものを利用するようにしましょう。遠距離の引越しをする場合、新居でポケットWi-Fiの電波が入ることをあらかじめ確認しておきましょう。


同じ会社でも西日本と東日本は別会社

NTTなどの光回線を利用している場合、東と西では同じ名前の会社でも、会社は違います。東西をまたいでしまう場合、一度解約を行い、再度、新居で適用される会社で新規契約を行う必要がある可能性があります。この場合は解約料金や新規契約のお金が必要となります。また、集合住宅などではプロバイダや回線業者が固定されていて、インターネットが使い放題となっていることもあります。その場合は今まで利用していたプロバイダなどの契約は必要ありません。

2013
10.24

引越しは、気が付くと、結構な金額になっていることがあります。どうにかして費用を軽減することは出来ないのでしょうか。引越し費用を軽減する方法を、少しですがご紹介したいと思います。


引越し用の段ボールは自分で確保する

単身で引越しをする場合は、そこまで沢山の段ボールは必要ないので、そこまでお金はかかりませんが、単身ではない場合、梱包に使用する箱は沢山用意しなくてはなりません。その場合、引っ越し業者にお願いしてしまうとかなりの額になる可能性があります。ですので、段ボールは、できる限り自分で確保するといいでしょう。スーパーマーケットでは、無料でくれる場合が多いです。もし大きさがちょうどいい段ボールが無い場合は、事前にスーパーマーケットに頼んでおくといいでしょう。時間があれば、結構沢山の段ボールが手に入るはずです。


梱包もできる限り自分でやる

大きな冷蔵庫や洗濯機、テレビなどは、引越し業者に梱包をお願いしますが、食器等の梱包は自分でやるといいでしょう。業者に頼んでしまいたいところですが、費用を押さえたいのであれば、そこは自分でやるといいです。割れないようにしなくてはならないので、慎重にやらなくてはなりませんが、食器が多いうちであれば、だいぶ費用が浮くはずです。

2013
10.24

大変だった引越しが終わったら、ゆっくりしたいところですが、休む前にしておかなくてはならないことがあります。引越し後にしなくてはならない事を簡単にご紹介します。


引越しの後にすること

まずは、電気と水道の手続きをしましょう。これをしないと生活が始まりません。そして、役所へ転入届を行なわなければなりません。もともとの住まいで、転出届を提出すると、転出証明書がもらえます。新しい住所へその証明書と転入届を提出します。これで住民票の変更が出来るのです。これは、必ずしなくてはなりません。忘れてはならないのは、引越しをしてから14日以内に提出が必要という事です。


お隣近所への挨拶は絶対に大切

一軒家であっても、マンション、アパートであっても、隣近所へのご挨拶を怠ってはいけません。色々な性格の人がいますから、挨拶に来なかったというだけで嫌がらせをしてくる人も、稀にいます。引越しをして新天地で頑張ろうとしているのにどんなことがあったら最悪です。また、どんなことでお世話になるかもわかりません。しっかりと挨拶をしておくことで、先の心配も軽減されるでしょう。夫婦の場合は必ず二人そろっていくのが礼儀です。数回行って不在の場合は、手紙を添えて、ご挨拶の品をドアにかけておく程度でいいでしょう。

2013
10.24

引越しでは家のものをすべて移動させることになります。普段は移動させることのない家具なども動かすので、いらないものを捨てる断捨離のチャンスでもありますが、デリケートなものを運ぶことで神経を使うこともあるでしょう。中でも大型の楽器などを運ぶときの注意をご紹介します。


自分で運べないものはプロに任せよう

自分で運べない大型の楽器は、プロに任せることとなります。多くの引越し業者ではピアノなどの運搬を有償のオプションで利用することができます。ちょっとした振動などで調律が狂ってしまうことなどもあるので、少しお金がかかるとしても安心して任せることのできるプロにお願いするほうがいいでしょう。特に古く価値のある楽器などは修復しても音が変わってしまうことも考えられます。また電子部品でも内部が精密なものは、しっかりと梱包をして、取扱いに気を付けてほしいことを伝えましょう。


自分で運べるものはできるだけ自分で

自分で運搬が可能なものは自分で運ぶといいでしょう。引越し業者の人は楽器のことをきちんと知っているとは限りません。ハードケースなどにエアパッキンと一緒にいれて、動かないようにすることで振動による衝撃などを防ぐことができます。業者に頼む場合は、同じようにしっかりと衝撃緩和剤などで内部を梱包し、外側には壊れ物注意とわかるテープなどを目立つ場所に貼っておくようにしましょう。