2013
11.18

人生に何度かは経験をする引越しは人間も体力を使いますし、非常にストレスがかかるものです。自分で行えることには限界もありますし、業者に引越しを頼む人が多いかと思います。ペットがいる家庭ではペットも連れていくことになりますが、ペットは人間以上ににおいや音に敏感な生き物ですから、気を付けてあげなくてはいけません。


●できるならペットホテルへ預けて●

引越し当日には、多くの業者の人が出入りします。また普段よりも大きな音や声が出ることから、ペットたちは興奮してしまったり、怖がってしまったりすることが考えられます。特に人見知りの激しい犬や猫の場合、知らない人のにおいに恐怖を覚える仔もいるそうです。できる限り、近くのペットホテルなどに預けることをおすすめします。また、新居のそばに先に連れて行って、そのそばのペットホテルなどに預け、新居で引越しの搬入作業が終わってから取りに行くともっともスムーズと言われています。


●ダメなときはキャリーにいれて●

ペットホテルなどが近くになく、どうしても自分たちと一緒に移動をする場合は首輪をしっかりとつけて、キャリーにいれて、お風呂場など密室にできる場所で待たせるようにしましょう。お風呂場にある荷物は多くはないので早めに出してしまいます。お風呂場のドアも閉じることで防音効果にもなります。換気扇などだけつけて、温度変化には気を付けてあげましょう。

2013
11.06

引越し作業に慣れているという方はなかないないのではないでしょうか。しかし、引越し費用を抑えたいと考えるのは誰で同じです。本当に「最低限」に抑えたい、または「使える予算が少ない」方は「どこまで自分で作業できるか」を考えてみましょう。


●貧乏引越し希望の方は●

所謂「貧乏引越し」をする予定であれば、多くの方が自分自身も引越し作業員の頭数に入るプランを選ぶ方が多いようです。このようなプランは学生さんや、費用をどうしても抑えたい方多く利用しています。トラック一台と運転手兼作業スタッフと一緒に引越し作業を行うというスタイルのものが多いようです。よく友達同士で引越を行う方がいらっしゃいますが、トラックや大型車両のレンタル代や手伝ってくれた友達などにおごるごはん代などを加味すると結局は業者を利用するよりもお金がかかってしまう事はよくある事です。


●必ず訪問見積をとる事がコツ●

このような「最低限」なプランを選択する場合でも、比較は重要な要素です。必ず、いくつかの業者から訪問見積をとりましょう。大手よりも中小系や地元系の業者の方が「ミニマムプランが充実している事もあるので、候補には必ずいれましょう。見積では必ず明細の確認できるものを準備してもらい、トラブル対策や当日発生する追加料金の有無などは必ず確認をしましょう。比較、交渉する事で同じ予算内で自分が作業しなくてもよくなる可能性もありますよ。